新常識!おいしいコーヒーの方程式

あなたの知っている「おいしいコーヒーの常識。」その常識は、コーヒー豆の品質が違えば変わります。「あなたの常識」、見直してみませんか?

「あら挽き」と「低温抽出」は本当においしいコーヒーの条件?

すっかり、世に浸透した、
「粗挽きコーヒーが旨い」
「コーヒー低温でじっくり抽出するとおいしい」
という考えについて、当店はまったく違う観点で捉えています。

コーヒー豆のおいしさを生かす本当の挽き方は?

[ 珈琲豆を挽くのは、粗めにするのと細かめにするのと、どちらが味をしっかり出せるでしょうか? ]

【コーヒー豆】挽き方の違い普通に考えると、細かめに挽く方が、味をしっかり出せます。
一般的には、コーヒーは「雑味や苦味」と言った嫌な味を持っているものと言われています。そこで、粗めに挽いて、豆の量を多めに使って美味しさだけを抽出するのが、美味しい淹れ方とされています。

しかし、夢二香房の不比等珈琲豆は“おいしさだけを持つ高品質珈琲豆”。
細かく挽いて珈琲豆の旨みをしっかり出しきるほうが、よりコーヒー本来の美味しさを楽しむことができるのです。

コーヒーを淹れる時の適正温度は本当に低温?

[ お湯の温度は、低い温度(90℃未満)と高い温度(90℃以上)、どちらが味をしっかり出せるでしょうか? ]

お湯の温度は、低い温度(90℃未満)と高い温度(90℃以上)、どちらが味をしっかり出せるでしょうか?

普通に考えると、低い温度(90℃未満)のお湯より、高い温度(90℃以上)のお湯に溶ける成分の方が多いです。豆の挽きと同じ理由から、不比等珈琲豆なら、90℃以上の湯温で、しっかりうま味成分を出し切るほうが、よりコーヒー本来の美味しさを楽しむことができるのです。

ゆっくり淹れたほうがおいしい理由は?

[ コーヒーは、早く抽出するのとゆっくりじっくり抽出するのと、どちらが味をしっかり出せるでしょうか? ]

普通に考えると、ゆっくりじっくり抽出する方が、味をしっかり出せます。

通常基本的な味は「ファーストドリップ」と呼ばれ 最初の1・2分に出ます。そしてその後(3分前後)に「スペシャルティな味」と「余分な味」が出ます。
夢二香房の不比等珈琲豆は、「余分な味」を持たない美味しさだけを持つ珈琲豆なので3分という時間をしっかりかけて味をしっかり出した方が、よりコーヒー本来の美味しさと楽しむことができます。

コーヒーは、一回で全部の味を出し切ります。淹れる時は段階的に味わいが抽出されるので、3分以上の時間をかけて味を出し切ることがポイントです。

これが、珈琲処豆屋夢二香房が導いた方程式です

不比等珈琲豆は120%コーヒー豆のおいしさが生きる高品質のコーヒー豆ですので普段より少な目の量で、普段のコーヒーよりも香りとおいしさを 楽しむことが出来、安心してお召し上がりいただくことが出来ます。
おいしい珈琲の淹れ方はこちら

ページトップへ戻る

  • 「おいしいコーヒー」見直してみませんか?
  • 当店のコーヒーの淹れ方
ABOUT YUMEJI
所在地:〒631-0804
奈良市神功4丁目25番地1−103
電話番号:0742-72-2108
営業時間:10:00〜19:00
定休日:月曜日
CopyRight (c) 2007- 珈琲処豆屋夢二香房. All Rights Reserved.