マグドリップフィルター

〜たった1杯の珈琲を美味しく簡単に淹れる方法〜

ハンドドリップで1人前の珈琲を美味しく簡単に淹れる方法が
遂に!!見つかりました!!

マグドリップフィルター

ドリッパーもサーバーも必要なく、後片付けのめんどくささもない
それなの珈琲専門店で飲むネルドリップコーヒーよりも美味しい!!
そんな魔法のフィルターをご紹介します!!

上の写真でピンと来た方もいると思いますが……
そうなんですあのドリップバッグに使われているフィルターなのです!!
実は、ドリップバッグを製造し始めた頃、テスト用に福岡テーィパック加工センターさんから
粉の入ってないフィルターをもらって何度も試作品を作っていたのですが…
その時はフィルターそのものを販売できるとは思いませんでした。
(フィルターだけ100枚ほど売ってと頼むとていよく断られタダで50枚ほどくれたので…)
珈琲バッグ好評発売中
一昨年、木津の店に「このドリップバッグのフィルターを作っている会社です」と
京都の山中産業の方がたまたま来店し、フィルターの話をちょこっとしたのですが…
なにせ、取引先が大企業ばかりの会社なのでうちみたいな超個人店では
直接取引してもらえないだろうと思い二の足を踏んでしまいました…
山中産業さん
それから夢二香房に移り普通におうちで珈琲を飲んでいるお客様と話す機会が増え
「4人用のドリッパーで1人分を作っている」「1人分を作るときは1分かからない」等‥
多くの方が1杯分の珈琲を「色付きのお湯=抽出不足」で飲んでいる現状を知り
このフィルターの必要性をひしひしと感じました
意を決し山中産業の営業マンの名刺を探し出し電話してみました!!
すると…
「関東の生協さんで1パック50枚入りで販売しているので
それでよかったら1ケース(80パック)から販売できるので
サンプル送ります。」とのこと
「なんや、もうすでに販売されているんやぁ……よかったぁ」
でもネットで探しても全然出てこない……どこの生協??
探せないままサンプルが届き   唖然……
「ドリップバッグ???」ドリップバッグって言ったら
粉が入ったヤツやろ!!これはフィルター!!

裏の品名欄には「コーヒー専用フィルター」とちゃんと書いて
あるのに……
「とりあえずバラして名前を変えて売るか!!」
商品名の変更とばら売りの許可をもらい
早速、1ケース購入!!

……というわけで
「マグドリップフィルター50枚入り」 ¥400−
好評発売中!!
イマイチパッケージ
シールを貼って

それでは商品の詳細説明です

商品名 マグドリップフィルター 珈琲処豆屋独自の商品名です
素材 コーヒーミラクロン
ポリプロピレン・ポリエチレンの
超極細繊維を使用した、
高機能性を有した
不織布フィルターです。

世界10カ国以上で特許を取得済み

ミラクロン拡大図
味わい 紙以上金属未満
紙ほど珈琲の味わいを濾し取りませんが
金属ほどとろんとろんにはなりません
ちょうどネルで上手に淹れたような
味わいになります。

金属フィルターのような粉っぽさは
まったくないので味わい深く
飲みやすい珈琲になります。
安全性 このコーヒーミラクロンは
(財)日本食品分析センターの
食品分析試験に合格した商品です。

又、フック部はPEコートのカップ原紙で
こちらも同上の食品分析試験に
合格しています。
器具及び容器包装規格試験
(合成樹脂)
一般規格
材質試験
カドミウム  適
鉛       適
溶出試験
重金属    適
過マンガン酸カリウム消費量  適
個別規格(ポリプロピレン)
溶出試験
蒸発残留物(n−ヘプタン)    適
蒸発残留物(20%エタノール)  適
蒸発残留物(水)          適
蒸発残留物(4%酢酸)      適

マグドリッパーで美味しく!
簡単に淹れる方法

基本的にドリップバッグの淹れ方と同じです!
用意するもの
○カップ又はマグカップ(容量150cc〜300cc) 
○中細挽きの珈琲粉(5g〜15g)
○砂時計又はタイマー
○沸騰したお湯
1)
左右のフックを引き出し、
注ぎ口を大きく開いて
カップにしっかり引っ掛けます
お気に入りのカップで
2)
カップの容量と好みの濃さに合わせて
珈琲粉を5g〜15gこぼさないように
フィルターに入れます。
粉をこぼさないように
3)
少量の熱湯を注ぎ20〜30秒ほど
蒸らします。
抽出量が少ないとき(200cc以下)は
蒸らしを長めに
抽出量が多いとき(300cc以上)は
蒸らしなしでもオッケー
蒸らし
4)
湯が溢れないように注意して
少しずつ熱湯を注いでいきます。
目的の量まできたら注湯を止めます
3分経過していることを確認してから
左右のフックを持ってバッグを引き上げます。
3分未満で注湯が終わったら
3分経過するまで漬けといてください。
3分かけて
濾過法と浸漬法の合わせ技と
紙でない濾材により
スペシャルティコーヒーの味わいを
簡単に楽しめる
素晴らしい商品です!!

湯呑みでがぶがぶ湯呑みでタップリ


マグドリップフィルターで簡単!美味しいアイス珈琲を!!

あっ!!というまに珈琲処豆屋の2番弟子にまで登りつめた
マグドリップフィルターですが…
「1杯分の美味しいアイス珈琲を作る」という高度な技をいとも簡単にやってしまいました!!

「淹れたての薫り高い美味しいアイス珈琲」を是非ご家庭で楽しんでください。

準備用意するもの
○マグドリップフィルター1枚
○カップ(容量100cc前後) 
○細挽きの珈琲粉 (10g〜15g)
○砂時計又はタイマー
○沸騰したお湯○氷及び氷水適量
○計量カップ
○スプン
カップは小さめで
デミタスでは小さすぎ
1)小さめのカップにマグドリップ
フィルターをセットします。

マグドリップフィルターの底が
カップの底につくぐらいの
浅めのカップが良いでしょう。
こぼすなよ
中細挽きでもいいけど
2)細挽きの珈琲粉をこぼさない
ようにマグドリップフィルターに
入れます。

粉の量はお好みで
15gで出来上がり量
300ccが当店の基準
90度以上のお湯で
3)少量のお湯を注ぎ砂時計をスタートさせ
20秒〜40秒蒸らします。
3分計 お湯はもっと低い位置から
4)湯が溢れないように注意して
少しずつ熱湯を注いでいきます。
溢れないように
5)溢れそうになったら注湯を止めます。
1分で注ぎ終わる……
6)3分経過するまでしっかり
浸けておきます

4分ぐらいかけてもっとしっかり
味を出してやっても良いでしょう。
濃いのと濁ったのとは違う
琥珀色の雫
7) 3分経過していることを
確認してから左右のフックを
持ってバッグを引き上げます。

絞るようにひきあげて下さい。
100ccくらいは欲しいのに…
8)計量カップに移し、抽出量を
計量します。

氷で急冷
9)珈琲液と同量以下の氷を入れ
急冷します。
そのまま氷を入れたグラスへでもよい
10)好みの濃さに氷水で調節して
グラスに入れます。
ペーパードリップでは真似の出来ない味
淹れたての薫り高い
美味しいアイス珈琲の
出来上がり!!

淹れ方へ挽きかたへ